臭わず、虫わかず、助成金ありの最強生ゴミ処理機MS-N23-G

生ゴミ処理機MS-N23-G


ついに買ってしまいました、家庭用生ゴミ処理機!パナソニックのMS-N23-Gという製品です。

結論から先に言って、この商品は恐るべきポテンシャルを秘めています。 買って良かったと心の底から思います。

僕は一人暮らしなので、そんなにたくさんゴミは出ません。 またゴミの収集も週に2回です。それでいて料理はよくするので、梅雨~夏の時期は、ほんのちょっと気を抜くだけで小さな虫ちゃんが発生しまくり。そして何気なく捨てた極小の生ゴミが異臭発しまくり。生ゴミ専用の小さなポットのようなものを使っていた時期もあったけど、けっきょく開けると臭いことには変わりないし、小さな虫ちゃんはどこから入ったのか知らないですが、とにかくすぐに成長します。

で、このMS-N23-Gがどういう製品かというと、「生ゴミを熱で乾燥させつつ、バラバラの小さな破片にする」という機能に特化しています。それでは実際に見てみましょう。

MS-N23-G

バケツいっぱいのバナナの皮、キノコの根っこ、白菜の芯です。これをこのマシンで処理をすると……

生ゴミ処理機MS-N23-G

 こうなります!まず圧倒的に体積が減ります。 メーカー説明によれば7分の1になるとか。なおかつ乾ききった、パラパラの破片になります。

生ゴミ処理機MS-N23-G

においはしますが、生臭さは全くなく、むしろ香ばしい感じで、少なくとも不快なにおいではありません。

これならそのままゴミ箱に捨てても、なんら問題はないし、虫ちゃんのわきようもない。毎日ゴミを捨てる人ならいざしらず、いそがしい一人暮らしの人でも、これで夏の臭気に悩むこともなくなります。なお、この処理済みのゴミは非常に高い栄養価を含んでいるらしく、家庭菜園をする際に肥料として使うと作物がスクスク育つとか。

また操作が簡単なのもいいですね。 ただボタンを押すだけで乾燥・分解が始まり、作業が終われば自動的に終了します。箱から出してコンセントにつなぎ、1分後には処理をスタートできるので、機械に弱い人でも安心ですね。

フロントパネルもこんな感じでとてもシンプルです。

生ゴミ処理機MS-N23-G 生ゴミ処理機MS-N23-G

ちなみに中を開けるとこんな感じ。電子ジャーみたいです。

ただし処理中にはなかなか周囲が熱くなります。生活空間から離して置くか、思い切って屋外に設置するのもいいかもしれません。 説明書を見ると、ちゃんと屋外での使用も想定されています。またタイマー機能があるので、外出中に処理させるようにあらかじめセットしておくのもアリですね。処理時間的なものをいえば、さっきのバケツ一杯だと4~5時間、バナナの皮を数枚程度の少量だと1~2時間といったところでしょうか。

サイズ的なものでいうとこんな感じ。 500mlの缶ビールと比較してみてください(飲みかけですみません)。

生ゴミ処理機MS-N23-G 生ゴミ処理機MS-N23-G

 標準サイズのゴミ箱と同じくらいと考えてもらえれば。

そして忘れてはいけないのが、助成金の存在です。自治体にもよりますが、購入時に費用の一部を区市町村が負担してくれるところがあります。お住まいの自治体の公式サイトなどで確認してみてください。私には2万円の助成金が出ました。 本体は安い買い物ではないだけに、このアシストは大きいです。

料理好きな一人暮らしの方、夏の生ゴミの生臭さや小虫を気にしたくなければぜひともオススメ!助成金が出るなら、決して高い買い物ではないと僕は思います!


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

(Spamcheck Enabled)