いつも心は野党


オルタナティブという言葉が好きです。

英単語的にalternativeは「代わりになるもの、代用、別の選択肢」みたいな意味なんですが、オルタナティブなミュージックとなると、「既存の音楽とは別の音楽」「新しい音楽の価値基準」みたいな意味でよく使われます。

生きている間は、オルタナティブ精神を忘れないようにしたい。


既存の概念をブチ壊す新しい音楽は常に生まれてくるけど、それらもいずれ既存の概念になっていく。
どんなものでも時間が経つと構造化してしまうのです。

既存の概念への攻撃者たちも、その攻撃に成功して自分が要塞の内側に居座ると、途端に守備を固めてその要塞を維持しようとする。

別にその行動や精神がいけないわけではない。
むしろ、手に入れた価値観を守ることはとても大切なことだし、人間の本能でもあると思う。


一番ダメなこと。

それは自分が既存の概念を破壊し、新しい価値観を創造したわけでもないのに、誰かが作った価値観に安住し、わずかな分け前で満足すること。
完全にアウトですね。

いつでも心は野党だ。
オルタナティブ精神を忘れてはいけない。

蒸し暑い夜中の帰り道、クソ喰らえの湿度にそう誓ってやりました。

▼今日は下北沢スパイラル第1回
http://www.shimokitazawa-spiral.com/