そもそも客が統計的に見て負ける博打は非課税でいいでしょ

当たり馬券配当30億円、外れは経費?…裁判
http://www.yomiuri.co.jp/national/news/20121129-OYT1T00868.htm?from=ylist

この男性が正しい。

ギャンブルは普通投資より回収が少なくなるから胴元が勝つ仕組み。
この人は例外的に上手だから金は増えてるけど、普通は負けるんだから、買った部分だけクロースズアップするのはおかしい。

ギャンブル自体に課税することが明らかに的外れだけど、課税するとしても差し引きで残った純利益だけにすべき。

投資と回収という、ギャンブルだけに限らない経済の仕組みを理解していない輩が法律を作ると、こういう意味不明なことになる。

この人は勝っているからまだいいけど、年間に100万使って、50万円しか取り戻せない負けているギャンブラーにも、50万円に課税するのか?

売上げが100万円、でも経費に150万円かかってしまって、ビジネスとしてのトータル収支がマイナスなのに、100万円は課税対象にならないでしょ?

それとまったく同じ考え方。



コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

(Spamcheck Enabled)