ジャイキリこそ喜び|ブラジルW杯を今さら振り返る


2014-12-13 12.47.24 2014-12-13 13.05.24 2014-12-13 13.55.02 2014-12-13 16.13.20

天皇杯決勝戦について

昨日は日産スタジアムで天皇杯決勝を観戦。

相手の攻撃をガッチリ受け止めつつ、決めるべき場面できっちり仕事をしたガンバが横綱相撲で勝利。三冠おめでとう。偉業です。 強いチームは小細工しないほうが強い典型パターンだと感じました。

山形もがんばった。密かに番狂わせを期待していたんだけどね。

持ち続けた執念や入念な準備の結果として訪れる、誰にも予想できない結末こそ最高のエンターテイメントだと思っています。

予定調和なんか面白くないじゃないか。ジャイアントキリングこそ至高なわけです。

そして同時に、求められる結果をキッチリ出すことにもまた価値があります。明らかに有利と思われる場面で、きっちり勝ちきることは簡単じゃないです。今年の浦和レッズなんかは、逆の意味でその典型なんじゃないかな。

ブラジルW杯をようやく振り返る

あるいはW杯の日本代表のコートジボワール戦、ギリシャ戦もその要素あるよ。たしかにコロンビアは明らかに格上だったけど、他の2国はぜんぜんたいしたことないよ。結局決勝トーナメントに進出したのは、退場者を出してヘロヘロになりながら、なんとか日本と引き分けたギリシャなわけで、あのチームぜんぜん強くはなし、やりようによっては十分に倒せた相手だった。 だからこそ日本代表には、このあたりの勝負強さ、最終局面でなにをすべきかがすぐに共有できる実戦力の欠如をとても感じた。 これは監督も同じ。ザックはいいチームを作ったし、かっこいいサッカーをしていたけど、究極の場面で力を発揮できるチームではなかったし、監督も謎のパワープレーを仕掛けるなど土壇場であわててしまった。

なんにせよ、ガンバには素直に拍手。素晴らしい。 山形も善戦した。来年はJ1でがんばってほしい。そしてディエゴ、林、石川が元気なのを見れて良かった。

ヴェルディも来年はブチかましますぜ。